読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由に旅する日々を目指して

自由に旅をする日々を目指して収益化を目指す雑記ブログです。旅・人生観・書評等のテーマで書いてます。

プレゼント魔が選ぶ!おすすめの母の日プレゼント!!

スポンサーリンク

「母の日に贈るカーネーション母の日に贈るカーネーション」のフリー写真素材
こんにちは、じゆにんです。

今年の母の日は5/14です。みなさんもうプレゼントは選びましたか?

ツンデレな人でも母親に感謝の気持ちを示す絶好のチャンス!見逃す手はありません!

我が家も男兄弟二人なので、娘さんがいるご家庭ほど、日頃母に親孝行できていないんですよね。
母と一緒にショッピング!一緒にお茶!!一緒に料理!!といったコミュニケーションもとれず、正直寂しい思いをさせているので、母の日や誕生日などはチャンスといわんばかりにプレゼントを送っています(笑)

でもなかなかプレゼントって何を選ぶべきか、迷いません?
特に異性の親へのプレゼントとなると性別の壁を越えて考えなきゃいけないので、何だかんだでセンスが必要となってきます。
僕もプレゼント慣れしていない時はプレゼント選びに難航し、アホみたいに時間かけていましたね(笑)

今では母に限らず、気になる女の子へのプレゼントや友人の結婚祝いや出産祝い、退勤する人への手向けのプレゼントなど、
何か機会があるたびにプレゼントしてきたおかげですっかりプレゼント選びのセンスが磨かれました。

そこで、今回はプレゼント慣れしていない人(特に一人暮らしして親と離れている人)向けに、プレゼント選びのコツや「これいいんじゃないの?」と思ったプレゼントを紹介していきたいと思います。

 

プレゼント選びに考えるべき3つのポイント

相手が喜ぶものを贈ろう!

これは基本中の基本ですが、プレゼントを贈る相手がどんなものが好きか、どういった趣味をもっているか、何を持っているかなど調べたうえで、相手が喜ぶものを贈りましょう!
結構自分が「欲しいな」と思ったものを贈ったり、相手がすでに持っているものを贈ったりして困らせちゃうことって多いんですよね。

いっそ、贈る相手に何が欲しいか、どういったものがいらないかなど聞いてしまうと確実です。
サプライズを狙うのであれば贈る相手の友人などヒアリングするのもありでしょう。
(母の日で遠く離れているところに住んでる場合は母と同居している家族に聞きましょう。)

もしくは、いくつあっても困らないものや、生活必需品で普段買わないようなちょっと高級なプレゼントを贈るってのも事故がなくておすすめです。

値段は高すぎても安すぎてもダメ!

大事な人へのプレゼントとなるとついつい高いものを買おうとしてしまうことはあるかと思いますが、自分の身の丈に合わないような値段のものをプレゼントしてしまうと「無理させてしまったな」という印象も与えかねないし、
逆にあなたへのプレゼントを選ぶ際にも相手に負担をかけてしまうきっかけにもなります。
逆に安すぎても「手ぇぬかれたな」という印象を与えてしまいますね。
TPOにもよりますが、母の日の場合は3,000円~10,000円ぐらいのものを選ぶのが無難ではないかなと思います。

ちなみに、プレゼントを贈る際他にも贈る人がいる場合(母の日の場合父や兄弟など)、お金を出し合って協力する、というのもおすすめです。
自分だけじゃとても買えないようなものも複数人がお金を出し合えばプレゼントできますからね!

洋服などもろに相手の好み・センスが反映されるプレゼントは避けるのが無難

洋服やカーテンなど目のつきやすい家具などは人の好み・センスがもろに反映されるものとなります。
「恋人に着てもらいたい服をプレゼント」、だとか「仲良くてよくショッピングなど一緒にいく娘から母へのプレゼント」といったようなシチュエーションなら最も喜ばれるポテンシャルを秘めていますが、それ以外の場合は避けたほうが無難です。

定番?or変化球をねらう?

プレゼント贈るシチュエーションによって、定番のものってありますよね。
母の日であればカーネーション、父の日であればネクタイや名刺入れ、恋人へのクリスマスプレゼントであれば指輪やネックレスといったアクセサリ・・・みたいな。

定番のもの、というのは喜ばれる可能性が高く、プレゼント選びの難易度も低く初心者向けではありますが、毎年毎年定番のものを贈っていたりすると「またこれか・・」という印象を与えかねません。
定番のものを贈る場合は手書きのメッセージを添えたり、包装にこってみたり、渡すシチュエーションをねってみたりなど、工夫したほうがいいですね。

逆に変化球を狙う場合ですが、見事に相手のニーズをつくことができればとても喜ばれる可能性がありますが、先に挙げた3つのポイントをしっかり考慮して選ばなければ逆に相手を困らせてしまう可能性もあります。
どちらかというとプレゼント玄人向けのチョイスですね!

もちろん、僕はプレゼントを選ぶときは毎回変化球狙いです(笑)(といってもまだ貧乏なので大したプレゼントはできないのですが・・・)

苦労して選んだプレゼントがとても喜ばれた時は、プレゼントをあげた自分も何とも言えない幸福感に包まれるので、変化球狙いのほうが僕としてはお勧めです!

おすすめ!僕が選んだ母の日のプレゼントチョイス!

ここから、僕が見繕った母の日プレゼントの候補を紹介していきます。
北海道から愛知県の母へ贈る形になるので、ネットショッピング(楽天市場)を利用しました。
楽天市場はきれいに包装してくれたりメッセージカードもつけることができるので、割とおすすめです。(値段も手ごろだし)

といってもお母さんと同居している人はやはり自分の足で百貨店などを巡ってプレゼントを選ぶ方がいいですね。やっぱ現物を見たほうがより確実なプレゼント選びができますからね!

カーネーション

はい、ド定番ですね(笑)花を贈る場合花束ではなく、鉢植えタイプのものを贈ればそのまま飾ることもできるし、花が枯れた後も利用できるので、おすすめです。
ざっと見た感じ、ここのサイトのが一番きれいだし、長持ちすることにもこだわっているようなのでいいなーと思いました。

item.rakuten.co.jp

カーネーションの紅茶

ド定番のカーネーションだけじゃつまらないって人はこちらもオススメ。
ガラスのティーポッドにドライフラワーがはいっていて、お湯を入れるとお茶を煎れられるだけじゃなく花が咲く・・というおもしろいギミックのプレゼントです。
僕は去年これを母にプレゼントしたところ、とても喜んでくれました(笑)

item.rakuten.co.jp

インテリア・家電

インテリア・家電は値段の高いものとなりますので、他にも協力者を募れそうな場合チョイスしてみるのも面白いかと思います。
テレビや掃除機といったものはすでにご家庭にありそうなものは避け、必需品ではないけどあったら便利そうなもの、生活に新しいエッセンスを与えてくれるようなものをチョイスするのがコツです。
(事前調査したほうが確実です。母と同居している父などにあらかじめ持っているか、使ってくれそうかなどヒアリングしたほうがいいでしょう)

GOPAN

お米を材料にしてパンを作れる家電です。
まさに必需品ではないけどあったら生活を楽しくしてくれる一品ですね!
正直僕が欲しいです、これ(笑)

item.rakuten.co.jp

ジューサー

母には健康でいてほしいので、野菜やフルーツなどを手軽に楽しめる、ジューサーをプレゼントするのも面白いかなとおもってチョイスしてみました。

item.rakuten.co.jp

ファッション・小物

先ほどプレゼントとしてチョイスするのが難しい例としてファッションをあげさせていただきましたが、小物だったらいくつあってもこまらないものだし、気分によって気軽につけるものを変えることができるので割とおすすめだったりします。
値段もプレゼントとしては手ごろなものが多いですしね!

ストール

ストールは去年兄嫁さんがうちの母にプレゼントしていて「いいチョイスだなー」って感心しました(笑)
余談ですが去年兄が結婚したのですが、兄嫁さんがめちゃくちゃいい人で母とも仲良くしてくれていて、とても助かってるんです!
親と仲良くしてくれる人と結婚するって大事ですねー。
やっぱ母としては娘も欲しかったんだろうなーって思いましたね!とはいえ親孝行は兄嫁さんばかりに頼ってちゃダメですね(自戒)

item.rakuten.co.jp

パラソル

ちょっとオサレなパラソルもプレゼントとしてはいいチョイスかなと思いました。
何本あっても困らないものですしね!

item.rakuten.co.jp

キッチン用品

料理が好きなお母さんの場合、キッチン用品なんかもプレゼントにはオススメです。
僕も料理好きなのでわかるのですが、便利な小物やおしゃれなキッチン用品買ったりすると料理が楽しくなるんですよ!
性能で選んでもよし!見た目で選んでもよし!初心者にもおすすめです。

メッセージつきマグカップ

どんなメッセージを入れるか、センスが必要となりますが、こういうのも世界で一つだけのプレミア感が出てプレゼントとしてはおすすめです。
前、友人への出産祝いにお子さんの名前入りの今治タオルと、別の友人へは車をかたどったハンドメイドの木製の皿プレートを贈ったのですが、めちゃくちゃ喜んでくれました!
手間をかけて選んだ感も出ていいんじゃないかなーと思います。

giftmall.co.jp

エプロン

エプロンも複数あっても困らないものだし、気分によってつけかえるのが楽しいので、おすすめです!

item.rakuten.co.jp

グルメ

食べ物系も値段も手ごろだし、相当好き嫌いない限り喜ばれるのでおすすめですね!
とはいえ我が家の場合は母一人暮らしのため、お肉詰め合わせなどといった量のあるものはチョイスできないのがつらいところ・・!

梅酒

母はそんなにお酒は強くないのですが、梅酒や白ワインといった軽めのものが好きなのでチョイスしてみました。
飲み比べとか面白そうですよね!

item.rakuten.co.jp

フルーツ酢

健康シリーズ第2段!
僕自身今年は健康に目覚めたので、今年のプレゼントはこれかな、と思っています(笑)
これを飲んで健康に目覚めてくれたらいいなーという内なるメッセージもこもっています。ツンデレだからいわないですけどね!

item.rakuten.co.jp

まとめ!

プレゼントって金もかかるし手間もかかるし、めんどくさがる人も多いですが、本当に大事な人が喜んでくれるかなーと想像しながらチョイスするという過程も楽しいものですよ!
それに「情けは人のためならず」という言葉もある通り、きっとどこかで自分にプラスな形でかえって来るものです。

母の日の存在を完全に忘れてた・・・プレゼント贈る習慣なんてなかったなあ・・・

って人も、この記事をきっかけにプレゼントする楽しさに目覚めてみたらどうでしょうか?